定期預金を担保にしてお金を借りることはできるのか?

急にまとまったお金が必要になった時にまず考えるのは、普通預金を下ろすか、クレジットカードの一括払いを利用するかです(分割払いやリボ払いは高い利息を取られるため、止めた方が賢明です)。

それで支払えれば何も問題はありませんが、慌てるのは普通預金では足りない時です。

高額なお金の場合は定期預金を解約するしかありませんが、ただ、給与やボーナスなどで早めの返済が可能な金額の場合は、「定期預金を担保」にして借入をするという方法があります。

定期預金とは?

銀行の定期預金というのは、事前に定めた期間はお金を引き出さない代わりに普通預金よりも高い利子を受け取ることができます。そのため、途中で解約してしまっては元も子もありません。

定期預金担保貸付の内容とは?

定期預金担保貸付は定期預金を担保とするため、通常の借入で行われるような審査を受けなくても、定期預金の90%(貸付上限200~300万円)を限度に貸付を受けられます。

金利は銀行によって異なりますが、一般的に定期預金の約定金利+0.5%になっています。現在は「ゼロ金利」の時代なので、0.5%がプラスされたとしても、貸付金利は小数点以下の金利にしかなりません。

仮に、金利を0.525%とすると、100万円を1年間借りても、利息は5,250円ということです。

なお、カードローンから借金をした場合、消費者金融であれば金利は18%(100万円の1年後の利息は18万円)、銀行カードローンでも14.5%になります。金利を見てもわかる通り、定期預金担保貸付の方が何十倍もお得です。

定期預金担保貸付の返済方法は?

定期預金担保貸付で融資を受けた場合、定期預金の満期日までに返済すればよくなっています。仮に、満期日までに完済できなかった場合は、貸付残高と利息分が定期預金の満期額から差し引かれるだけです。

当然、定期預金の範囲内でしか借入をしていないため、返済事故にはならず、信用情報に傷が付くこともありません。今後のクレジットカードなどの使用に影響は出ません。

通帳式と証書式の違いとは?

実は、定期預金には「通帳式」と「証書式」の2種類があり、通帳式は1冊の通帳に複数の定期預金が記載され、証書式では1つの預金に付き、1枚の証書が発行されます。

通帳式にも、「定期預金通帳」と「総合口座通帳」の2種類があります。定期預金通帳は定期預金だけが記載されますが、総合口座通帳は定期預金と普通預金が一緒に記載されます。

ところで、総合口座には「貸越」という機能があり、普通預金の残高を超えて引出しや引落しがあった際に、オーバー分の金額が定期預金の範囲内で自動的に融資されるようになっています。

返済日は特に決められておらず、普通預金口座に入金があった時点で、入金額が返済に充てられます。貸越をした場合は普通預金の残高がマイナスとして記載されますが、貸越された分の入金があると残高はゼロになります。

要するに、定期預金を総合口座にしていると、自動的に定期預金担保貸付が行われるということです。

ただし、貸越でも借入に違いはないため、金利がかかります。貸越が何回も起こるようだと、利息分を損することになります。

現在は定期預金だからといって、普通預金より高額な利子が得られるわけではないため、貸越が頻繁に起きる場合は定期預金を解約して普通預金にした方がよほどましです。

定期預金担保貸付はタダみたいな金利で貸付を受けることができるため、クレジットカードのキャッシングやカードローンなどからお金借りる行為をして高額な利息を支払うより、賢明な手段と言えます。

ただし、預金で得られる利子より高い貸付利息を支払うため、あくまでも臨時の借入であるという認識が必要です。