定期預金を担保にしてお金を借りることはできるのか?

急にまとまったお金が必要になった時にまず考えるのは、普通預金を下ろすか、クレジットカードの一括払いを利用するかです(分割払いやリボ払いは高い利息を取られるため、止めた方が賢明です)。

それで支払えれば何も問題はありませんが、慌てるのは普通預金では足りない時です。

高額なお金の場合は定期預金を解約するしかありませんが、ただ、給与やボーナスなどで早めの返済が可能な金額の場合は、「定期預金を担保」にして借入をするという方法があります。

定期預金とは?

銀行の定期預金というのは、事前に定めた期間はお金を引き出さない代わりに普通預金よりも高い利子を受け取ることができます。そのため、途中で解約してしまっては元も子もありません。

定期預金担保貸付の内容とは?

定期預金担保貸付は定期預金を担保とするため、通常の借入で行われるような審査を受けなくても、定期預金の90%(貸付上限200~300万円)を限度に貸付を受けられます。

金利は銀行によって異なりますが、一般的に定期預金の約定金利+0.5%になっています。現在は「ゼロ金利」の時代なので、0.5%がプラスされたとしても、貸付金利は小数点以下の金利にしかなりません。

仮に、金利を0.525%とすると、100万円を1年間借りても、利息は5,250円ということです。

なお、カードローンから借金をした場合、消費者金融であれば金利は18%(100万円の1年後の利息は18万円)、銀行カードローンでも14.5%になります。金利を見てもわかる通り、定期預金担保貸付の方が何十倍もお得です。

定期預金担保貸付の返済方法は?

定期預金担保貸付で融資を受けた場合、定期預金の満期日までに返済すればよくなっています。仮に、満期日までに完済できなかった場合は、貸付残高と利息分が定期預金の満期額から差し引かれるだけです。

当然、定期預金の範囲内でしか借入をしていないため、返済事故にはならず、信用情報に傷が付くこともありません。今後のクレジットカードなどの使用に影響は出ません。

通帳式と証書式の違いとは?

実は、定期預金には「通帳式」と「証書式」の2種類があり、通帳式は1冊の通帳に複数の定期預金が記載され、証書式では1つの預金に付き、1枚の証書が発行されます。

通帳式にも、「定期預金通帳」と「総合口座通帳」の2種類があります。定期預金通帳は定期預金だけが記載されますが、総合口座通帳は定期預金と普通預金が一緒に記載されます。

ところで、総合口座には「貸越」という機能があり、普通預金の残高を超えて引出しや引落しがあった際に、オーバー分の金額が定期預金の範囲内で自動的に融資されるようになっています。

返済日は特に決められておらず、普通預金口座に入金があった時点で、入金額が返済に充てられます。貸越をした場合は普通預金の残高がマイナスとして記載されますが、貸越された分の入金があると残高はゼロになります。

要するに、定期預金を総合口座にしていると、自動的に定期預金担保貸付が行われるということです。

ただし、貸越でも借入に違いはないため、金利がかかります。貸越が何回も起こるようだと、利息分を損することになります。

現在は定期預金だからといって、普通預金より高額な利子が得られるわけではないため、貸越が頻繁に起きる場合は定期預金を解約して普通預金にした方がよほどましです。

定期預金担保貸付はタダみたいな金利で貸付を受けることができるため、クレジットカードのキャッシングやカードローンなどからお金借りる行為をして高額な利息を支払うより、賢明な手段と言えます。

ただし、預金で得られる利子より高い貸付利息を支払うため、あくまでも臨時の借入であるという認識が必要です。

追加で借りられる奨学金・入学時特別増額貸与奨学金とは?

現代において、男子は大学に入学するのが当たり前のようになっていますが、大学で勉学するためにかかる費用は非常に高額です。

実際に、大学の年間授業料は私立で約80万円、国立で約50万円になっており、入学する前に必要となる入学金は私立で約130万円、国立でも約80万円です。親から援助を受けられる学生は恵まれているといえ、援助のできない親も少なくありません。

そんな金銭面での負担を抱えている大学進学希望者のためにあるのが、日本学生支援機構の「奨学金制度」です。

奨学金制度とは?

奨学金には利息の付かない「第一種奨学金」と、利息(上限3%)の付く「第二種奨学金」があります。

どちらの奨学金も貸与を受けるためには一定の条件(経済状況や学業成績など)をクリアする必要があります。なお、第一種奨学金については、国立・私立、自宅通学・下宿通学などの違いによって、貸与される金額が変わります。

第一種奨学金は30,000円、若しくは条件によって45,000円~64,000円が貸与され、第二種奨学金は30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択することになります。

入学時特別増額貸与奨学金

大学に入学するには当然、入学金や前期授業料などを納めることになりますが、1年次はそれ以外にも色々な学用品や生活用品が新たに必要になります。

そこで、奨学金だけでは賄えない費用を補うために利用できるのが、「入学時特別増額貸与奨学金」(増額貸与奨学金)です。

増額貸与奨学金は何かと支出の多くなる入学初年度において、奨学金(第一種・第二種)の貸与だけでは費用が不足する場合に、50万円を上限として貸与してもらえる制度のことです。

なお、通常の奨学金を受けずに、増額貸与奨学金だけを利用することはできません。

利用条件

奨学金同様、奨学生が申請することになります。増額貸与奨学金を利用できるのは第一種奨学金または第二種奨学金の申込者で、且つ下記の条件のいずれかを満たしている人です。

①奨学金の申請における家計基準において、認定所得金額が0(ゼロ)評価となっている人。通常、親が4人世帯の給与所得者の場合、収入が400万円程度以下が該当します。
②①以外の人で、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」が利用できない人。

②については、10月ころ奨学生に送られてくる「採用候補者決定通知」において、『日本政策金融公庫の手続き必要』との記載があった場合は、必ず先に日本政策金融公庫が運営している「国の教育ローン」に申し込まなければなりません。

そして、国の教育ローンから融資を受けられる場合は、増額貸与奨学金が利用できません。国の教育ローンを受けられなかった場合に、増額貸与奨学金に申し込むことになります。

貸与額

10万円、20万円、30万円、40万円、50万円の内、任意の金額を選択できます。

貸与時期

第一種または第二種奨学金の1回目の振込と同時に貸与されます。なお、奨学金の振り込まれるのは「予約採用」、「在学採用」ともに進学後の5月以降となっているため、『入学時』という名前は付いていますが、増額貸与奨学金が貸与されるのも入学した後になります。

つまり、奨学金も増額貸与奨学金も、入学金や前期授業料などの入学手続き費用に充てることができないということです。

返済方法

増額貸与奨学金は第一種・第二種奨学金に付帯する制度であるため、返済も同時に行われます。

〇返済例(第二種奨学金+増額貸与奨学金)
仮に、以下の貸与を受けたとします。
・貸与月額:5万円
・貸与期間:2年(24ヶ月)
・第二種奨学金総額:120万円
・金利:1.5%
・増額貸与奨学金:50万円
・金利:1.7%
・貸与総額:170万円

上記の貸与における月賦払いとボーナス併用払いの返済金額は以下になります。
(1)全額月賦払い
・月額返済:11,486円(最終月のみ11,486円)
・返済回数:168回
・返済総額:1,906,268円

(2)月賦払い+ボーナス払い(半年毎)併用
・月額返済:5,672円(最終月のみ5,877円)
・月払返済回数:168回
・ボーナス払い:34,060円(最終回のみ34,078円)
・ボーナス払い返済回数:28回
・返済総額:1,906,799円

奨学金も増額貸与奨学金もあくまでも貸付であり、返済しなければならないお金です。必要なお金より、返済できるお金を考慮して申し込むべきです。

ちなみに、奨学金も増額貸与奨学金も入学前にお金を得ることができないため、入学前にお金を必要とする場合は、増額貸与奨学金を担保として、「ろうきん」から「入学時必要資金融資」を受ける方法があります。

中には、おまとめローンを利用して大学費用を借りたいと言う人がいますが、絶対にやめておきましょう。まず金利が全然高いですし、おまとめローン審査は非常に厳しく、なかなか通りません。

昔に借りた奨学金の返済を滞ると、信用情報にブラック情報が登録になりますので、クレジットカードや、いろいろなローンが組めなくなります。後々の事も考えて、延滞せずにちゃんと支払いはしましょう。