1. ホーム
  2. お金を借りる
  3. ≫在籍確認なしでカードローンを利用したい!電話を回避する方法はあるのか?

在籍確認なしでカードローンを利用したい!電話を回避する方法はあるのか?

在籍確認を取るオペレーター
カードローンの審査では「在籍確認」があり、勤め先に電話をされるのが基本です。

このため、「職場に電話されるのは困る・・・。在籍確認なしのカードローンを知りたい!」という人も多いかと思います。

そんな在籍確認なしで借入できるカードローンはあるのでしょうか?

在籍確認なしのカードローンはないと知っておこう!

はじめに、在籍確認なしのカードローンはないと知っておきましょう。

カードローン会社がもっとも重視するのは、「毎月収入があるか?」という部分です。

しかし、在籍確認をしないと申込者が働いており、毎月収入があることの裏づけがとれません。

このため、どの会社も在籍確認をし、申込者が働いているかを確認します。

実際に以下の10社に在籍確認の有無を確認したところ、すべての会社が「在籍確認をします」という回答でした。

カードローン名 在籍確認の有無
アコム 有り
アイフル 有り
プロミス 有り
SMBCモビット 有り
レイクALSA 有り
みずほ銀行カードローン 有り
三菱UFJ銀行カードローン 有り
三井住友銀行カードローン 有り
楽天銀行カードローン 有り
イオン銀行カードローン 有り

在籍確認がないのは専業主婦くらい

在籍確認がないのは専業主婦くらいだと思っておきましょう。

銀行カードローンの中には専業主婦でも利用可能な商品もあります。

しかし、専業主婦の場合、そもそも働いていないため、在籍確認のしようがありません。

このため、専業主婦であれば、在籍確認なしで借入できるケースがあります。

ただし、専業主婦がカードローンを利用するには、配偶者に安定収入があることが絶対条件です。

在籍確認なしは不可能だが電話を回避できるカードローンならある!

ここまでお伝えしたように、カードローンに申し込むと必ず在籍確認をされますので、在籍確認なしで借入することは不可能です。

ただし、在籍確認を電話ではなく「書類提出」という形にできる会社ならあります。

それは以下の4社です。

  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
この4社であれば、社会保険証や給与明細などの「勤め先を確認できる書類」を提出すれば、在籍確認を書類提出という形に変更可能です。

SMBCモビットの「WEB完結」なら電話なしが確実!

在籍確認を書類提出という形にしたいなら、SMBCモビットの「WEB完結」がもっとも確実です。

SMBCモビットのWEB完結は、すべての手続がネット上で完結しますので電話連絡が一切ありません。

これは在籍確認も同様であり、在籍確認は「社会保険証」もしくは「組合保険証」の提出をすることでクリアできます。

アコム・アイフル・レイクALSAはできないケースもあるので注意!

アコム・アイフル・レイクALSAでも在籍確認を書類提出に変更できますが、この3社の場合は正式なサービスではありません。

あくまで特例措置なため、できるか否かは審査担当者の判断次第です。

信用情報に問題があるなどの理由により、返済能力やお金に関しての信用度を不安視されると、拒否されるケースもあると知っておきましょう。

銀行カードローンは書類提出にはまずできない!

銀行カードローンの場合、在籍確認を書類提出にすることはできません。

銀行カードローン消費者金融よりも審査が厳格なため、在籍確認は必ず電話でされると思っておいてください。

実際、各行に問い合わせたところ、在籍確認を書類提出にしてくれると回答した銀行はひとつもありませんでした。

カードローンの在籍確認は怖くない!他人バレの心配も不要

先ほどお伝えしたように、在籍確認は書類提出という形に変更可能ですが、それができない場合でもそこまで不安になる必要はありません。

なぜなら、そもそもカードローンの在籍確認は決して怖いものではないからです。

以下の3つの理由により、他人バレの心配などほとんどないため、恐れる必要はないのです。

  • カードローン会社と名乗ることはない
  • 電話は1分程度で終わることがほとんど
  • 在籍確認の電話であることは明かさない

カードローン会社と名乗ることはない

在籍確認では、カードローン会社と名乗ることは決して名乗ることはありません。

たとえば、大手消費者金融の在籍確認は「非通知・担当者の個人名」でされるのが基本です。

よって、電話番号からカードローン会社だと発覚する恐れはありませんし、社名も出さないため安心です。

銀行カードローンにしても、非通知・担当者の個人名でされることが多く、そうでない場合でも銀行名までしか明かしません。

カードローン名を明かすことはないため、他人が対応してもカードローンの在籍確認とはまずわからないようになっています。

電話は1分程度で終わることがほとんど

在籍確認の電話は1分程度で終わることがほとんどです。

電話は内容は以下のようにシンプルになるため、難しいことはひとつもなく、会話内容から在籍確認とバレてしまう可能性も低いです。

カードローン会社:「こちら山口と申しますが、○○様(あなた)はいらっしゃいますでしょうか?」

あなた:「はい。○○は自分です」

カードローン会社:「ご本人様でしたか。この度は当社の申し込みありがとうございます。それでは、これにてお勤め先の確認を完了とさせて頂きます。」

上記は申込者本人が対応した場合ですが、他人が対応した場合でも内容はそれほど変わりません。

他人が対応した場合は、「またこちらから電話します」などと言って終わります。

これでも在籍確認ができたことになるため、安心してください。

在籍確認の電話であることは明かさない

カードローン会社は、申込者以外には在籍確認の電話であることは決して明かしません。

申込者以外が対応した場合、「どのような用件でしょうか?」などと尋ねる場合もありますが、「カードローンの在籍確認です」なんて言うことはないので心配入りません。

そうした場合への対策はマニュアル化されているかと思いますし、プロのオペレーターであるため、上手に対応してくれます。

在籍確認なしでカードローンを利用したいまとめ

カードローンの審査では在籍確認は必須であるため、これをなしにすることはできません。

しかし、以下の大手消費者金融4社であれば、電話ではなく「書類提出」とい形に変更できます。

  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
とくにSMBCモビットには、「WEB完結」という、公式に書類提出に変更できるサービスがあるため、非常におすすめできます。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。