1. ホーム
  2. カードローン
  3. ≫収入証明書なし(不要)のカードローンはある?身分証明書だけで借入する方法

収入証明書なし(不要)のカードローンはある?身分証明書だけで借入する方法

収入証明書(給料明細)画像
カードローンの必要書類は、「本人確認書類」と「収入証明」の2点が基本です。

この内、本人確認書類を用意するのは簡単ですが、収入証明は「今すぐには用意できない・・・」という場合も多いですよね。

そのため、「収入証明なしで借入できるカードローンを教えてほしい!」という人が沢山います。

では、そんな収入証明書不要で借りれるカードローンは存在するのでしょうか?

収入証明なしで借入できるカードローンは沢山ある!

収入証明なしで借入できるカードローンは沢山あるので安心してください。

実は、ほとんどのカードローンは収入証明が必要になる金額というのが決まっており、それ以下の金額で借入する場合は身分証だけも利用ができます。

これは現在主流である、消費者金融系カードローンと銀行カードローンのどちらも共通です。

消費者金融は次の2つのケース以外なら不要

消費者金融系のカードローンであれば、次の2つのケース以外なら収入証明不要で借入可能です。

  • 申込先の希望限度額が50万円超となる場合
  • 申込先の希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合(他の貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)
消費者金融の場合、上記の2つに当てはまる申込者に対しては、貸金業法によって収入証明の所得義務があります。

しかし、そうでない場合は収入証明の所得義務はなく、必要か否かは各社の判断に任せられています。

そしてどの消費者金融でも、先の条件に当てはまらない場合、収入証明の提出を求められることは少ないです。

銀行カードローンは限度額50万円以下なら不要の場合が多い

銀行カードローンは、限度額50万円以下なら収入証明なしでOKというケースが多いです。

銀行カードローンの場合、「銀行法」が適応になりますので、消費者金融のように法律で収入証明の所得義務がある条件はありません。

しかし、どの銀行カードローンも「限度額○○円からは収入証明が必要」と決めており、その金額は50万円超からという場合がほとんどです。

ここまでのお伝えしたように、多くのカードローンでは収入証明が必要な借入額というのが決まっており、それ以下の金額であれば収入証明なしで借入できます。

ただし、借入額に関係なく必要になってしまうケースもあるので、その点を知っておかなくてはいけません。

次章ではその点についてお伝えしていきますので、このままお読みください。

収入証明なしで借入できないことがある3つのケース

借入額に関係なく、収入証明が必要になってしまうことがあるのは以下の3つのケースです。

  • 審査で提出が必要と判断されたとき
  • 自営業者
  • 上限金利が低いカードローン

審査で提出が必要と判断されたとき

審査の結果、「もう少し慎重に審査をする必要がある」などと判断され、提出が必要になってしまうことがあります。

どういうケースでそうなるかは一概には言えませんが、たとえば以下のようなケースだと収入証明の提出が必要になってしまうこともあります。

  • 年収が極端に低い
  • 収入の不安定な職業に就いている
  • 他社の借入額や件数が多い
  • 信用情報に延滞歴がある
こうした条件に当てはまる人は、返済能力や信用度に関して不安があります。

このため、より詳しい審査をするために、借入額に関わらず収入証明の提出が必要になることがあるのです。

自営業者

自営業者の場合、収入証明の提出を求められることが多いです。

なぜなら、自営業者は収入証明の提出をしてもらわないと、本当に収入があるかどうか判断しにくいからです。

会社務めのサラリーマンなどであれば、勤め先への「在籍確認」をすれば、働いており収入があることがわかります。

しかし、自営業者の場合ですと、自宅が勤め先となるケースが多いため、在籍確認をしても収入があるか確かめにくいんですね。

このため、確定申告書などの収入証明の提出を求められる可能性が高くなっています。

上限金利が低いカードローン

上限金利が低いカードローンは、借入額に関わらず収入証明が必要になるケースが多いです。(上限金利=一番高い金利)

カードローンの場合、最初は上限金利に設定されることが多いため、この上限金利が低い会社ほど低金利で借入しやすくなっています。

これは借り手からするとメリットですが、貸し手にとってはそうではありません。

低い金利で融資をするほど利息の収入が減ってしまうため、返済不能者がでたときの損失をカーバーするのが難しくなるからです。

このため、上限金利が低い会社ほど、審査を厳しくして借入する人を慎重に選ぼうとする傾向が強くなります。

そうした理由により、上限金利が低いカードローンは収入証明の提出も必須となってくることが多いです。

カードローンを収入証明不要で借りるにはこの4つが大事!

カードローンを収入証明で借入するなら、確認しておくべきポイントがあります。

そのポイントは以下の4つです。

  • 希望借入額を50万円以下にする
  • 他社の借入額と件数が多すぎない
  • 信用情報に延滞記録がない
  • 会社に在籍し毎月収入があること

希望借入額を50万円以下にする

希望借入額は50万円以下にするようにしてください。

先に解説したとおり、消費者金融と銀行カードローンともに、限度額50万円超になる場合は収入証明が必要になってくるケースが大半です。

とくに消費者金融の場合、貸金業法の取得義務によって、限度額50万円超は必ず提出が必要になってくるので気をつけておきましょう。

他社の借入額と件数が多すぎない

他社の借入額と件数が多すぎないという点も大事です。

次のような他社借入が多い場合、返済能力を低く見られてしまい、より詳しい審査のため、収入証明の提出を求められてしまうことがあります。

  • カードローン・キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • フリーローン
また、消費者金融の場合、以下のような、貸金業者の借入と申込先の希望限度額の合計が100万円超になると、収入証明が必ず必要になるので注意です。
  • 消費者金融や信販会社のカードローン・キャッシング・フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

信用情報に延滞記録がない

信用情報に「延滞記録(返済遅れの記録)」がないということも重要です。

信用情報とは「個人信用情報機関」にある、あなたがこれまで利用したクレカやローンなどの利用履歴のことを指します。
※個人信用情報機関=CICJICCJBA(全国銀行個人信用情報センター)

カードローンの審査では個人信用情報機関への照会があり、あなたの信用情報を調査されます。

このため、延滞記録がある返済能力や信用度を疑われ、より詳しい審査のために、収入証明が必要になってくることのあるので気をつけておきましょう。

会社に在籍し毎月収入があること

会社に在籍し毎月収入があることも重要です。

先述したとおり、会社に在籍していない自営業の人は、在籍確認をしても収入があることを確かめにくいため、収入証明の提出を求められることが多くなります。

よって、収入証明なしで借入したいなら、会社に在籍していないと厳しいです。

ただし、これはアルバイトやパートでも問題ないので安心してください。

収入証明書不要で借りれるカードローンまとめ

多くのカードローンは条件さえ満たせば、収入証明不要で借入できます。

その条件はおもに「希望限度額が50万円以下」というものです。

このため、希望限度額が50万円以下であれば、収入証明なしでもカードローンで借入できることが多くなっています。

カードローン コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。